SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
Club History > パルテ参戦記 > 2006年レース > 第1回ヘッド・オブ・アラ(2006)参戦レポート
第1回ヘッド・オブ・アラ(2006)参戦レポート
投稿者: Choku 掲載日: 2007-2-11 (1839 回閲覧)
12月3日朝8:00.礒会長、氏家委員長が荒川桟橋付近を統制する中、好天に恵まれ意気揚々と出艇。レースは順調に進み特に事故などのトラブルなく無事終了しました。結果は4+10クルー中10位ではありましたが6kmを25分19秒という好タイムで漕ぎ通しました。途中法政の女子4X+(20sec差)に抜かれましたが東大の女子4X+(40sec差)には抜かれずに持ちこたえ手応えのあるレースでありました。当日和田さんがレース運営+応援に朝早くから来ていただき橋上から撮った写真(法政に抜かれるところ)をすぐプリントして掲示していただくなど、お世話になりありがとうございました。
S熊谷 3玉村 2大江 B黄 C谷口(Top)
10位/10クルー タイム 25分19秒34
レース終了後、東大浅野艇庫で懇親会があり、図々しくも選手で参加したのはパルテのみでしたが、関係者の皆さんと歓談し話題は早くも来年の運営のありかたなどに。Head of チャールズの話題で6000人?もの参加者が15sec毎にスタートし観戦者がチャンバラを期待してレースを楽しむ・・といった内容が大江さんから紹介され、国内?世界のロングレースを堪能するパルテの活動を皆さんにアピールすることも出来良かったと思います。 (by 谷口)
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 2006 HEAD OF THE JINZU遠征報告(11/3(祝)-4(土)) 6.25=第6回翠水レガッタ 次の記事
最近の日誌
月別の日誌