2020年3月24日(火曜日)

3月21日 強化エイト練習

カテゴリー: - kondo @ 22時02分39秒

4月11日に荒川で行われる、氏家クルー(WMG60’s)との2000mレースに向けての練習。
日本代表選考会の都合で11時〜13時までコースが解放され、その間に練習した。

1. メンバー
C:大西(高知大OB) S松井裕 7:笠原 6:野津山 5:近藤 4:服部(団塊号) 3:松井良 2:加登 B:門間
2. 練習メニュー
(1) ドリル 1往復半
(2) UT(SR17のパドル) 片道だけ。(コース開放時間の都合)
(3) クイックフォアード(正式名称失念)
(4) 20本単漕 3セット
(5) 1500m 1セット 目標SR28だったが31くらいに上がったままでした。
3. 練習後コメント抜粋
(1) 整調のキャッチ前、空中でスクエアになった状態で少し止まっている。(近藤)
(2) ↑は目の錯覚。整調はスクエアにしてからも前に出ている。(野津山)
(3) UTでの艇のバランスを整えるため、ポーズ@フィニッシュをしてはどうか(服部)

4. 所感:UTでのポーズ@フィニッシュ(以下P@F)について
(1) P@Fは艇のバランスを整えるのに有効な漕ぎ方。クルー全員が明確に認識できるフィニッシュ時点で動きを止めてバランスを確認し、それからフォアードを始める。一流クルーのUTをYouTubeで見ると概ねP@Fでやっている。
https://www.youtube.com/watch?v=K52u0IfC8V8
(2) 一方UTをP@Fで行うクルーでも、レースではフィニッシュで止まらない。レースピッチの漕ぎとUTの漕ぎとではリズムが異なる。UTで安定して漕いでもレースピッチでは別物。ただし、P@FのUTでバランスが安定しないクルーが、いわんやレースピッチで安定して漕げるわけは無い。
(3) 現在パルテエイトではP@Fを行わない。UTでもフィニッシュ直後のハンズアウェイとピボットを強調したいから。漕ぎの中に止まるところは無い。レースピッチの漕ぎはUT漕ぎの「早送り」という考え。
(4) 現役クルーに比べ圧倒的に練習頻度が少ないマスターズクルーには、どちらが適しているかわからない。でもどちらかに固執するのではなく、「今日のUTはP@Fでやってみよう。」みたいなことあっても良いと思う。


2020年3月16日(月曜日)

3月15日の練習報告

カテゴリー: - kondo @ 22時23分10秒

11:30〜14:30 東京海上の艇庫で艇を借りて練習。
8+:C小島 S松井 7笠原 6野津山 5近藤 4加登 3鴨居 2小澤 Bネイサン
2X:S片岡 B山本 (片岡さんは高知県出身で島根大学OG。普段は鶴見川で練習。野津山さんの紹介で参加。スカラー。)

1. エイトの練習メニュー(大雑把な記憶)
ドリル(1往復半)→UT3往復rate 17→1本ロー→クイックフォアード→20本単漕3セット。UTの速度は2分10秒弱/500m〜1分59秒/500mくらい。

2. 練習後ミーティングでの指摘
(1) キャッチが合っていない。整調のタイミングに対して後ろ(7〜B)が早い。
(2) 蛇行する
(3) フォアード中のハンドルを十分に低くする(ガンネル近くまで下げる)ことは先週の練習時に比べ改善が見られた。
(4) ファイナル直後のセットは、ストレッチャーを介して艇を自分の体の下をくぐらせるような感覚で行うこと(足は曲げない)。これを指示した直後のUTは良い感じだった。

3. 所感
(1) キャッチ
あるべきキャッチのタイミングは、フォアードの体の重心が前に出きった瞬間だ、フォアードが終わる瞬間だ、と私は理解しています。それよりも遅かったら、体の重心が前に到達した時に艇にアンカーが無い状態だから、艇が漕手の体重の慣性をもろに受けてひどく減速する。それからキャッチが始まるので、キャッチの戻り(艇を蹴り戻す)の原因にもなる。逆にキャッチのタイミングがフォアードの終わるタイミングより早いと、バックスプラッシュがバンバン上がって進行方向に対し抵抗となる。しかし大概の「ヘタクソなキャッチ」は前者だ。昔やった練習では、低いレートやノーワークやチャブリ(キャッチしたら水面から出してフィニッシュまで動く素振り)の時に、わざとバックスプラッシュを立てるようにキャッチする。その癖をつけると、高いレートの時にちょうど良いタイミングのキャッチになる。
色々書いたけれど、最も優先されるべきキャッチのタイミングは「整調のキャッチに合わせる」こと。整調のキャッチに合っていない事の「気づき」が今までの自分には無かった。
(2) 蛇行
 艇が曲がるとよく「サイド負け」と言われて、曲がった方向のサイドが反対のサイドに比べて力が弱かったと思われがちだけど、あれはキャッチ(ドライブ開始)時のオールの角度、どれだけ前に出てキャッチしているかの違いによっておこるのだと思う。前に出てキャッチするほどドライブ開始時に艇を進行方向に対し垂直に押す力(横に押す力)のベクトルが増えるから。
 例えばスタート1本目にバウサイドに曲がる時は、バウサイドの人がもっと前に出て構えれば直る。だからストレッチャーの靴の高さは脛が垂直になるまで出られるくらい低くないといけないし、ストレッチャーの踵の前後位置は、お約束の計算式で求められる位置でなくてはいけない。そして艇の方向に影響が大きいバウペアの体格は同じがいい。

―以上―


2020年3月8日(日曜日)

Yesterday’s vids

カテゴリー: - harada @ 21時42分22秒

- 1 - S4 legs only -> full slide
- 2 - B4 legs only -> full slide
- 3 - S4 arms only -> full slide
- 4 - b4 arms only -> full slide
- 5 - 6row -> 8row w 2stop & 1stop
- 6 - 8row


2020年3月7日(土曜日)

2020.2.29 8+強化クルー練習報告

カテゴリー: - momma @ 11時35分08秒

2020.2.29 9:00〜12:00 晴れ・コンディション良好
8+強化クルーの練習報告です。
メンバーは下記の通りです。(敬称略)
COX山本
S松井 7笠原 6野津山 5近藤 4加登 3ネイサン 2原田(補漕)B門間(補漕)
サーキット3セットを消化し乗艇。
松井さんの考案メニューを実施しました。
.謄ニカルドリル 1周半
レッグオンリー→+上体→+腕 SペアとBペアでそれぞれ実施
腕漕ぎ→+上体→ハーフスライド→フルスライド SペアとBペアでそれぞれ実施
2ストップロー→1ストップロー(8人)
※オールとシートの動きを意識して漕ぎました。
▲僖疋襦SR17) 3周
2:00〜2:05/500mのラップを目標にしておりましたが、平均すると2:05前後のラップ、最速ラップは1:58と思います。
※Bサイドに傾いていることが多くありましたが、バランスよく漕ぐことも多々あり艇速を感じながら練習できました。
スタート時は艇を真っ直ぐの方向に定め、そして漕ぎはじめのポジションはファイナルポジションから実施することにより緊張感と集中力を維持できた練習でした。
パドル(SR30・32・34) 半周
20(ON)-15(OFF)×3 各レートで実施、平均ラップは1:45前後と思います。

全体的に集中力を持って最後まで練習ができたと思います。
三菱艇庫が中旬まで休館になり、また月末のレース実施の可否が検討されておりますが、ご健闘を祈念いたします。


2020年3月3日(火曜日)

2020.02.29 定期練習 4X-

カテゴリー: - 高木 享子 @ 13時31分55秒

今回はクルーごとの練習報告ということです。
松井さんがメニューを作ってくださり、それに沿って練習しました。
S-松高、3-Helen、2-古澤、B-高木
qt
テクニカルドリル4.5km
腕漕ぎ→+上体→ハーフスライド→フルスライド(2人)
レッグオンリー→+上体→+腕(2人)
(レッグオンリーは艇を静止させた状態から入る)
1ストップロー(4人)

パドル 7.5km(SR17) 2周半
(艇速のラップを意識して、クルーに伝える)
xxx/500mのラップを目標
(漕ぎ始めのポジションはファイナルポジションから実施)
Unqt
テクニカルだけで1周半、その後はローパドルで2周半、途中ダレてしまわないかと思いましたが、先日の講義も踏まえ 考えながら漕ぐので いつもより疲れました。
ローパドルロングではラップも意識しながら漕ぎ、力むと進まない、リラックスしているとforwardの時艇を止めていないと感じつつ、とても勉強になった練習でした。


23 queries. 0.055 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の日誌
月別の日誌