2018年8月21日(火曜日)

8月19日 第29回定期練習

カテゴリー: - oguchi @ 21時27分36秒

 2〜3日前から涼しくて湿度も低く、気持ちの良い日が続いたためか、久しぶりにリサさんが戸田に帰って来てくれたためか、参加者は11人に増えた。

 直前にテーピングの講習会があったので、首や腕や膝などに、様々な形にテープを貼った参加者が散見される。患部に直接巻くだけでなく、弱い部分につながるツボのようなところに貼ったりもするのだそうで、なかなか好評だった様子。

 いつものサーキット・トレーニング2クールの後、乗艇。乗り換えはなし。クルーは以下の通り。
8+;(COX)リサ、(S)原田、(7)K高木、(6)シルヴァン、(5)大口、(4)古沢、(3)亀井、(2)田中、(B)古海
2X; 辰巳、林
1X; 山本

 エイトのリギングを終えて運搬するために持ち上げた時、カランという音がして何かが落ちたので、艇を水に浮かべてから確認したところ、なんと艇中央の連結部分のボルトだった。ナットは見当たらず、そのままでは修理もできないので、再び持ち上げて艇庫に戻す。原田さんが六角形のナットを調達してきっちりと修理してくださった。
 普段点検するような箇所ではないので気づかなかったが、少しずつ緩んできていて、最後に我々が持ち上げた時に、ついに外れて落下したものと思われる。そのまま乗艇していたら、途中でタイタニック号のようになっていたところだった。

 リサさんの「OK, take two!」のかけ声に気を取り直して、今度こそ発艇。
 いつものように、前半と後半に分かれてチャボリ→腕漕ぎ→上体漕ぎ→ハーフスライド→フルスライド→フェザーつき、のドリルの後、オールメンノーワークに入るが、なかなかバランスがとれず、苦戦する。
 その後、目をつぶって漕ぐ練習や、サイドの片方だけをスクエア漕ぎにする練習、片方の腕だけで漕ぐ練習などを何回も繰り返すが、クルーの動きがいっかな揃わず、艇はふらつき、フォワードの後半でガクンと揺れてしまうのが直らない。

 技術練習をはさみながら、SR20〜22の水中ライトパドルを1分間、3分間、5分間、というインターバルで漕ぐが、艇はなかなかスムーズに走ってくれず、500m換算で2分18秒〜20秒、一瞬だけ2分13秒、というスピードだった。
 4周目の最後に、少しバランスがよくなって、ようやく漕げる感じになったところで終了。

 反省会では、特にフォワードの際のシートの動きが揃わないのが主原因ではないかという分析が出た。
 思えば定期練習では、エイト練習の機会は月1回ほどで、クルーは年齢・性別・漕歴・体格・技術力、すべてバラバラ、しかも毎回異なるメンバーなので、合わせるのが難しいのは当然とも言える。それでも乗れるだけでもありがたいのだし、いつどんなメンバーとでも端正に漕げるようになることが、定期練習では必要なので(ある意味、レースを目標としてメンバーの決まっている特別練習よりもハードルは高いかも)、永遠に届かない理想と知りつつ、リサさんの声に励まされてまた頑張ろうと思う。

 2Xの辰巳・林ペアは、期待以上に最初からスムーズに合わせることができて、スピードもエイトに負けることなく、きっちり4周して、とても充実して楽しかったとのこと。

 1Xの山本さんも、テーピングの効力のおかげか、多少の横波を感じつつも、しっかりと練習できて、もっと漕ぎたいくらいだったとのご感想。

 コースは比較的に空いていて、藻もあまりなく、風は爽やかで、本当にボート日和なよい一日だった。帰りの戸田公園駅では、夕焼けをバックにした富士山のシルエットが、映画のエンド場面のようにそびえていた。


2018年8月13日(月曜日)

2018年8月12日(日曜日)

カテゴリー: - sakamoto @ 11時17分26秒

第28回定期練習

時間:15時〜
場所:ポンド
メンバー
4−:(前半)S 原田、3 高木、2 林、B 坂本
   (後半)S 熊谷、3 高木、2田中、B 坂本
2X:(前半)熊谷、田中
   (後半)原田、田中
1X:山本 / Nathan

曇りだったので連日の猛暑に比らべて気温は低かった。しかし、湿度が高くて汗が滴り落ちた。お盆の時期だったのでポンドはガラ空きだった。私(坂本)が乗艇した4−は、前後半ともライトパドルとノーワークの繰返し。前半はP24まで上げた。前後半とも艇のバタつきは少なく漕ぎ難さはなかった。私的にはスイープは久しぶりだったので外手が前に伸びる分、上体も突っ込んだようで腰にきた。後半はポジション柄COX役も任された。ガラ空きだったので無事帰還出来たが普段の渋滞ポンドでは自信なし。後ろからアドバイス等更に自信なし。とは言え、複数人で漕ぐ艇はやはり速い。楽しめた練習だった。


2018年7月16日(月曜日)

第24回定期練習報告(7/16)

カテゴリー: - 山本 光俊 @ 23時11分57秒

暑い。とにかく今日は暑い。練習開始は15時からでしたが、依然として日差しは強く、うんざり。
そのような暑さのせいか、もしくは三連休の影響か、本日の参加者は7名とやや寂しい状況でした。
とはいえ、恒例のサーキットトレーニングをしっかりこなした後で、無しフォア、ダブルスカル、1Xに分かれて乗艇。クルーは以下のとおり。

4- 熊谷、亀井、古沢、樹下
2X 高木、古海
1X 山本光

松尾カメラマンが不在だったので、残念ながら漕いでいる写真は無しです(笑)。
各クルーともクルーの入れ替え無しで、行いましたが、このように猛暑の練習は、集中力も切れがちなので、前半後半でクルー編成を変更したほうが良かったかも。練習係代行として、ちょっと反省です。

それにしても、無しフォアの戸田は相当、良いですね。スイープを練習するなら、エイトよりもむしろ無しフォアのほうが良いかも。本日のクルーもバランスよく乗りこなす一歩手前だったようです。これからも積極的に無しフォアの練習を取りいれていきますね。

なお、ここ最近改善されていた藻の状況ですが、再びひどくなってきたようです。1レーン、2レーン、5レーン、6レーンについては、乗艇中、再びオールに藻が絡みつき始めました(だんだん動じなくなってきたけど〉。ほんといたちごっこですね。困ったものです。


2018年7月11日(水曜日)

2018長沼遠征報告

カテゴリー: - choku @ 12時22分59秒

7/6早朝、小雨の中、鴨井艇とチョク艇をマイパジェロのルーフに積込み、6時45分に艇庫を出発した。外環浦和IC−川口JCT−東北自動車道で、途中休憩をはさみ11時45分長者原SAに到着、昼食を摂る。私はカツカレー、鴨井さんは牛タン塩丼を食べる。カツカレーはボリュームもあり、私は満足。ところが牛タン塩丼は肝心の牛タンがこんなのありという位薄くて期待外れ。鴨井さんは食べ終わった直後に「腹が減った」と未だメシ前のような表情だった。
食事後、このSAにあるスマートICから一般道に出て長沼へ。12時45分「アイエス総合ボートランド(宮城県長沼ボート場)」に到着。艇を降ろして、リガー等を取付け、準備をして14時前後に蹴り出し、前日練習を行う。疲労が残らないよう、2000mコースを2周、レースレートの短漕とスタート練習を行って、揚艇する。我々より少し遅れて大江さんも到着。入れ替わりに乗艇練習に出て行った。
16時から代表者会議に出席、組み合わせ抽選も行われた。60overM1Xは11名エントリーで予選は6艇&5艇の2レース。各組2着までと3位以下のタイム上位2名、計6名がA決勝に上がる。抽選の結果は、パルテ3人が揃ってB組に入り、瀬田ロー安達さんと戦う組み合わせとなった。これまでの実績に従えばA組で私を上回る可能性のあるのは1艇だけなので、3位以内に入ればA決勝に残れると思うが、今回戸田コースの水草大繁殖の影響で、私はレースレートの練習が不十分な状態。結局2000mはおろか、1500mの試漕もできておらず、ちゃんとゴールまでレースレートを維持できるのか大変心配というメンタルであった。
翌日7/7予選は、午前中現地で別のイベントが行われたため、午後のレースとなった。午前中は桟橋が使えないので練習もできない。我々のレースは14時過ぎなので、宿をゆっくりと出て、11時過ぎに昼食を最寄りの食堂で食べた。13時過ぎに岸蹴り、60代B組は14:10発艇、ウォームアップしてスタート船台につける。2レーンは碧水会松村、3レーン鴨井、4レーン安達、5レーンチョク、6レーン大江、7レーンは40代W1Xの瀬田ロー長瀬さんがOPEN参加。定刻通りに「アテンション・ゴー」。スタート6本、スパート10本でコンスタントに入れる。左右を見ると、一番遅れている。レートは32でそんなに悪くないのだが、5月までUTしかしてなかったせいかパワー不足顕著。500m通過は2分10秒前後、レートは31。この時点では大江さんと並んでいた。ここから漕ぎを大きくして頑張る。700mから1000mにかけてレートは30に落ちたが、大江さんの前に出られたので少し安心。1000m通過は4分23秒前後、隣のレーンの安達艇のスタンが視界に入る。レートを31に上げて追撃、1200mで32にアップして頑張り、1500mで艇差1/4艇身まで詰める。足蹴りを入れて抜きにかかり1750mでは1艇身前へ。安達さんはタイムでA決勝に上がればよいという判断なのか、割と簡単に前に行かせてくれた印象だった。1750mでスピードコーチを見ると7分40秒を過ぎたところだった。過去長沼でのベストタイムは8分49秒52。頑張ればベストタイムを更新できそうだと思い、ゴールまでスパート気味に頑張る。先行していた鴨井さんは最後流そうと思っていたら、私が予想外に頑張るので緩めることが出来ず迷惑だったと後で文句を言われたが、結果ゴールタイムは8分49秒51、0.01秒だけのベスト更新となった。着順2着で無事A決勝進出。コンディションが良かったせいもあり、無事2000mレースを完漕できのたが最大の収穫だった。
7/8決勝は9時16分発艇。2レーン団塊号池田、3レーン団塊号長野、4レーンチョク、5レーン鴨井、6レーン瀬田ロー下村、7レーン安達。定刻より数分遅れて「アテンション・ゴー」。予選で皆に前に出られたので、スタート6本のあとスパートを20本にした。スパートの間は鴨井さんとほぼ並んでいたと思うが、コンスタントに入れた途端に、鴨井さんが見えなくなる。コンスタントスピードで鴨井さんに完全に負けている。スパートを20本にして脚にきていたのかもしれないが500m手前でレートが一瞬29に落ちる。慌てて31に上げて頑張る。2m/secくらいの逆風が吹いており、500m通過は2分20秒前後。この時点で6レーン下村、7レーン安達にも水をあけて前に行かれていた。レート31をキープして1000m通過は4分45秒位。下村さんには先行するが、安達さんとの差は縮まらず。レート32に上げる。下村さんとの差はどんどん広げることができたが、安達さんとは水が空いたままで1500mへ、7分5秒前後で通過。安達さんとは1艇身半差のままでラストクォーターへ。流石に決勝なので安達さんも譲ってくれない。でも、ここで勝たないと予選で安達さんに勝ったのは帳消しになってしまう。レート33にアップ。しかし差は詰まらず1750m通過。レート34に上げる。少し詰まり出し、じわじわ並びかける。残り100mで差が1mを切ったところで、最後の力を振り絞ってレート35、ラスト2、3本でかわしたかなというゴールだった。公式タイムで0.45秒の差で2位にすべりこみ、銀メダルを頂いた。鴨井さんとは6秒差を付けられて完敗。コンスタントスピードの差が如何ともしがたい感じで、これを克服しないと勝てそうにない。この歳で筋力トレーニングもなあ、と思うがどうしようか…。
表彰式のあと、艇を積込み出発、帰路につく。来た道をもどり、長者原SAスマートICから東北道へ。ここで昼食を摂る。鴨井さんはカツカレー、私はソースカツ丼にした。往路で私が食べたカツカレーが良かったので鴨井さんはそうしたのだが、明らかに私の食べたものとは見劣りがするカツカレーが出てきた。同じSAでも下りと上りでは業者が異なり同じ名前の料理でも違うのがよく分かった。一方私のソースカツ丼はボリューム満点で大正解・大満足。レースでは2連敗したが、SAでの昼ごはんは私の2連勝となった。12時に長者原SAを出発、16時半頃無事三菱艇庫に到着して、艇を降ろした。
鴨井さんと二人でお喋りしながらのドライブは退屈せず、楽しかった。
以上、遠征報告終わり。
7/11チョク記


2018年6月30日(土曜日)

第22回定期練習報告(6/30)

カテゴリー: - fujiwara @ 21時41分19秒

随分と早い梅雨明け宣言が出た後の最初の定期練習でした。晴天、気温33度まで上がった中で13名の「精鋭」が終結。樹下さんは艇庫までわざわざ「欠席」の連絡に来てくれました。

練習艇とメンバーは次の通り。
4-:松井裕、亀井、善、中西
4X:山本、エレン、大口、渡辺
2X:坂本、藤原
1X:加登、田中、熊谷

月末練習だったので、希望者はエルゴタイム計測を事前に実施。私も参加しました。記録は3分51秒9で前回より3秒余り改善しましたが、ペース配分がまだわかってなく、最後の300mは失速してヘロヘロでした。

まだ体力回復が十分でない中でサーキットも何とかこなして乗艇。三菱マテリアルの社内レガッタがまだ終了していなかったので500-1500mでの練習となり、5周しました。

藻の監視係として、当然藻の状態のチェックも怠りません。藻は、1レーンに風で流れてきた浮遊藻がかなり残っておりちょっと練習できる状態ではありませんでしたが、2-6レーンはずいぶん改善されていました。ほとんどノーストレスで漕げる状態でした。
ただ、ところどころ次の繁茂が始まりつつあり、監視係としての直感的には1週間後には水面まで繁茂しそうです。
能村さん、大変ですよ!

坂本さんとの2X乗艇は初めてで、最初はバウの私が坂本さんのストロークバランスになかなか合わせられずご迷惑をおかけしました。ただ最後5周目は結構合って、特に最後の半周は気持ちよく終えることが出来ました。

いよいよ夏本番です!!


24 queries. 0.057 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の日誌
月別の日誌