2017年5月10日(水曜日)

第11回戸田国際マスターズM8+E

カテゴリー: - Nathan @ 15時00分53秒

第11回戸田国際マスターズのレース結果

5月7日(日)9:20スタート

パルテクルー:
C:Lisa、S礒、7笠原、6大塩、5ネイサン、4善、3寺田、2田中耕、B山本光

結果
1 Partezパルテ会 E 3:40:08, 1:46:68 (1) Champion
2 Dankaigo 団塊号 F 3:49:29, 1:58:69 (3)
3 MBC Senior MBC F 3:43:90, 1:48:85 (2)
4 Sundai 駿台 F 3:49:86, 1:51:20 (4)
5 Shishinkai 四神会 F 3:43:61, 1:48:68 (1) Champion
6 Nagoya名古屋ローイングクラブ E 3:56:50, 1:55:43 (2)
Eカテゴリは2杯レースだった。

レース日の天候は、多少の迎え風ですが、天気や気温共に最適なレースコンディションでした。
その上、またLisaよりオージーの定番お菓子(蛇のグミ)を頂いて幸せだった。
礒会長の指示により、レース直前の練習量は少な目で7割程度。
このため、バランスのドリルに続いてスタート練習及びパドル20本数セットを終えてスタートに迎えた。

レース戦略としては、スタ力及びコンスタントもピッチをなるべく抑えるというイメージでした。
スタートはあまり良くなくて、450mまで他のクルーとほぼ同じ進み方になってしまった。
コンスタントはピッチ32−33とほぼ戦略通りで、スライドの動きは大体シンクロした。
小澤さんが撮ってくれた映像を確認してもそんなに悪くなかったと個人的に思う。

しかし、相手はほとんどFカテゴリだったのにもかかわらず、特に前半が終わるまで差はほとんど見せなかったのは課題に残る。
個人的に、リラックスしすぎたのか、水中のパワーが物足りなかったと思う。一本一本をしっかり足で力を水に伝える気持ちが足りなかったかもしれない。
いつもより目立てなかったが、自分を含めて上半身で漕いでいる人達はまだいる。
レース後半にLisaが定期的に教えてくれたスプリット(1:50後半ばかり)も現実を物語った。

全日本マスターズに向けて足でしっかり漕ぐことに注目すべきでしょう。

レース後、ほとんどのメンバーが早くシャワーを浴びてからパルテの公式ウェアで他のメンバーと藤井さんの告別式に参列した。
藤井さんのボートへの愛情を良く感じさせるお葬式だった。

The weather was almost perfect, except for a little headwind.
Snake Alive from Lisa again made the day perfect.
The pre-race practice was kept to a minimum of balance work followed by start practice and a couple of sets of 20 paddle at 70%.

The race strategy was to keep the rating down for the start and constant sections of the race.
As a result of a poor start, we were unable to pull away from the other crews for the first half of the race.
The constant rating stayed around 32-33, which was about on target with the race strategy, and the overall rowing motion of the crew was basically in sync.
(This was confirmed by the video taken of the race by Ozawa-san)

However, despite most of the other crews being F-category crews, there was very little difference in pace, particularly for the first half of the race.
Personally, whether it was because we were too relaxed or for another reason, I don’t think we were able to transmit enough power into the water.
I think we probably weren’t concentrating enough on each stroke and using our legs to power the boat.
There were still some of us (including me) who were probably using our upper bodies too much (arching motion) instead of our legs.
The splits times called out by Lisa (mostly around the late 1:50s) seemed to confirm this.

In the build up to the All-Japan Masters, I think we will need to concentrate more on taking each stroke, one at a time and making each stroke count.

After the race, most of us had a quick shower and dressed in our official Partez wear, attended the funeral of Fujii-san along with other club members.
I thought the funeral did a very good job of conveying just how much Fujii-san loved rowing.


15 queries. 0.088 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の日誌
月別の日誌