2017年5月15日(月曜日)

5月14日特別練習報告

カテゴリー: - Nathan @ 17時44分46秒

5/14(日)特別練習報告
8:30-11:30(荒川)
●エイトFクルー
COX Lisa S礒(Iso) 7(東郷 Togo) 6原田(Harada) 5(Nathan) 4(松高 Matsutaka) 3能村(Noumura) 2(善 Zen) B(古海 Furumi)

国体少年チャレンジマッチのため、午前中コースが使用できなかったので荒川で特別練習を実行しました。天候は下り坂で、嵐の前のやや強風の中練習を行いました。
一週間前の戸田国際マスターズに引き続き、7割程度の出力で練習するよう礒会長(ストローク)に指示を受けて、練習を挑みました。結果としては、見事に会長の目標を達成したと思います。正式メンバーはコックスを入れて4名だけだったので、練習の内容はドリルがメインになりました。ペアワーク、片方フェザー片方ノーフェザー、低ピッチパドルを4分数セット、20本パドル数セットやスタート練習、ハイストロークレート・イージーローなどを行いました。500mシミュレーションの後、ラフコンの中ライトパドルで帰りました。
個人的に先週末にエイト3クルー(C,F,D)及びミックスダブル1クルーの練習に参加しましたが、Fクルーのバランスが圧倒的に優れていました。C,Dクルーに比べてスピードはまだ出ていないですが、フル出力ではなかったし、本番は充分期待できるクルーになるでしょう。ハイストロークレート・イージーローは特に良くできました。終わった後のブリーフィングでも、とても充実した練習と全員同じ感想を述べました。

F Crew practice was held on the Arakawa due to a regatta on the course.
The weather was deteriorating and quite windy at the time.

Following on from last week’s Toda International Master Regatta, Iso-san once again impressed on us to concentrate on only using about 70% power during practice, which I think we achieved.

As there were five substitute rowers in the crew, practice centered around skill drills, which included pair work, feather and no-feather work, several sets of low pitch paddle for four minutes, sets of 20 at high paddle speeds, high stroke rate/easy row, a 500m trial and light paddle through worsening conditions to finish.

Of the three eight (C, F & D) crews and one double scull crew that I participated in over the weekend, the F crew was undoubtedly the most balanced. It’s speed was not as fast as the other C and D crews, but we were only training at 70% power, so I think we can expect big things from the F crew race.

As well as the balance, the high stroke rate, easy row exercise was done very well. At the briefing everyone agreed that it was a very good training session.

Nathan


15 queries. 0.108 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

最近の日誌
月別の日誌